預金小切手現金化方法

預金小切手を現金化する方法の説明

普通の小切手と預金小切手の違いは、前者が個人が独自に発行するのに対し、後者は銀行が発行するという点です。

 

前者は発行者の口座に記載額の残金がなければ現金化することはできません。一方、後者は、発行者が取引銀行に発行の依頼をし、銀行が預金残高を確認した上で発行されます。つまり、預金小切手の場合には、「不渡り」という状況にはならないので、確実に現金を得ることができます。

 

預金小切手のほうが普通の小切手に比べて保証されているということです。特に特別な手続きはなく、記載されている銀行に持ち込むことで指定口座に入金してもらうことができます。また、他行宛だと手数料が発生する可能性もありますが、同行だと手数料は必要有りません。

 

今すぐお金を手にするにはクレジットカードを利用したショッピング 現金化が確実です。